朗女の足は、砂を踏んでいる。
その砂すらも、
だんだん水に攫われて来る。
踏むと思うている中に、ふとそれが、
白々とした照る玉だ、と気がつく。
姫は身を屈めて、白玉を拾う。